ブログ

http://ameblo.jp/utatane-itoh

日々、更新中♪

 

facebook

こちらからも、ブログをご覧いただけます。

≪店舗情報≫

板橋区前野町

フーレセラピーサロン

ウタタネ

 

板橋区前野町2丁目

自宅マンションの一室です

 

070-6573-6091

 (※予約専用

営業の方は、メールにてお願いいたします)

 

お問い合わせ

または

biceblueai@gmail.com

東武東上線(上板橋・中板橋・大山・ときわ台・池袋・練馬・和光市・川越)、

有楽町線

都営三田線志村坂上・本蓮沼・志村三丁目)、

赤羽・王子からのアクセスが便利です。

        「リラックスした~い」

「自律神経」という言葉を聞いたことがありますか?


私たちが直接感覚として感じるの「知覚神経」「運動神経」とは逆に、


無意識に身体を守り、整える神経のことです。


「自律神経」には交感神経』副交感神経』の2種類があります。


極端な例をあげますね。

喧嘩をしているときを思い浮かべてみてください。

「目が大きく開かれる」

「心臓がドキドキ」

「荒い息遣い」


これは『交感神経』が活発に働いている例です。


突発的な事故に対したり、外敵に向かうとき、体を保護するように全身的に作用します。


『副交感神経』は、

 

消耗した体力の回復を図り、休養してエネルギーを充電する場合に働きます。


『交感神経』  = ≪緊張≫


『副交感神経』 = ≪リラックス≫


というわけですね。

 ストレス、と聞いて、イメージすることは何でしょう。

イライラ、もやもや、疲れる、落ち込む、などでしょうか。


怒っているとき、自然に身体に力がはいってしまいます。


肩、首、背中、凝りますね。

凝ってきたのに気が付いて、頭が痛くなってきてイライラ


イライラ、もやもやしているとき、身体が冷えていきます。



身体が冷えてくると、また肩、首が凝ります


頭痛もひどくなってきたかも。


立ちあがったら、めまいもするかもしれません。



冷えた身体は、温めればいいんですが、


ゆっくりお風呂に入れない。

ストレッチなんてやってられないという方。


寝っ転がったままほぐれませんか。

リラックスすると、身体の力が抜けますよね。

そうなると、身体中が変化してきます。


よだれ、鼻水、鼻づまり、、声が枯れる、血圧が低下など。


新陳代謝があがるので、身体が温まってきて、発汗もします。

熱っぽく感じることもあります。


また、一時的にトイレが近くなったり、尿の色やにおいが濃くなります。

 

これらは老廃物がよくでている証拠ですよ。

つまり、身体にとてもいいことです。


フーレセラピーは、背中の施術が「自律神経」への刺激を促しますが、

私は、あわせて、足裏もオススメしています。

いわゆる「反射区」への刺激も兼ねてしまいます。

写真のようにそのまま「乗って」全体、または、乗らずに片足ずつ丁寧にほぐします。


冷えて足の甲が硬くなってしまった方でも、かなり柔らかくなります。


≪施術以外のはなし≫


もしわざわざマッサージにきて、痛くされると、また「イラっ」としますよね。


フーレセラピーは痛くありません。

※触れてみて痛い場合は、すぐに止めて、他の場所からアプローチします



セラピストがおしゃべりすぎると、気疲れしますよね。

私、あまりおしゃべりではないです(笑)


強弱やケガの有無など、最低限の確認をしますが、寝たふりしてくだい。

そのうちウトウトしていただけるかも。


もちろん、愚痴、おしゃべりも歓迎です♪