ブログ

http://ameblo.jp/utatane-itoh

日々、更新中♪

 

facebook

こちらからも、ブログをご覧いただけます。

≪店舗情報≫

板橋区前野町

フーレセラピーサロン

ウタタネ

 

板橋区前野町2丁目

自宅マンションの一室です

 

070-6573-6091 (予約専用)

→申し訳ございません。

ただ今ご利用いただけません

 

お問い合わせ

または

biceblueai@gmail.com

東武東上線(上板橋・中板橋・大山・ときわ台・池袋・練馬・和光市・川越)、

有楽町線

都営三田線志村坂上・本蓮沼・志村三丁目)、

赤羽・王子からのアクセスが便利です。

      「冷え対策していますか?」

冷え性の原因は、いくつかあります。


運動不足、筋力不足、

自律神経の乱れ、

締め付ける下着、

偏った食生活、など。


その中で、フーレセラピーにできるのは、

運動不足解消と、自律神経を整えることです。

運動不足解消についてはコチラに詳しく)

フーレセラピーは、下半身の施術がスタートです。


太ももの付け根をほぐし、緩めることで、溜まった老廃物を一気に流します。

太ももの大きな筋肉、そして、「第二の心臓」といわれる、ふくらはぎのポンプ作用を利用して、

全身にきれいな血液が廻りやすくします。

そして、

自律神経を整えるには、背中のコリをゆるめ、温めるフーレセラピーが効果的です。

首の後ろから、仙骨というおしりの上の骨まで長い範囲をケアしていきますので、10分ほどで身体が温まってきます。

           「子宮を温める」

子宮が冷えている人とは?
<こんな人は要注意

 

・あおむけになったとき恥骨がつき出ている

・生理がすっきり4~5日で終わらない

・おへそよりも、恥骨から指3本くらい上の子宮部分が冷たい


こんな人は子宮が冷えている可能性が大です。
お腹を触るとひんやりして子宮が冷えている、そんな女性が多いみたいですよ。


わかりづらいけど実は怖い子宮の冷え

<子宮の冷えが招く不調

・生理痛、生理不順、PMS

・妊娠力のダウン、だるい、疲れやすい

・肌トラブル

・更年期症状の悪化
 
・自律神経や精神的な落ち込み


また、子宮が冷えると、子宮筋腫・子宮内膜症・子宮がん・乳がんなどのリスクがとても高くなります。

その大きな原因は、温かい大量の血液が滞ること。


血流が滞ると、子宮の筋肉がコチコチに硬い状態に


子宮や卵巣が冷えて正常に働かなくなる



ホルモンや自立神経のバランス、代謝や免疫など身体全体の機能に影響

そのため、子宮は今すぐにでも温めるべき、と言えますね


 

血流が滞っている骨盤を動かすことが、近道です。

 

子宮を冷やす最大の原因は血流の悪化。

骨盤まわりの血行がスムーズになれば、その内側にある子宮の流れもよくなるというわけです。

何かと滞りやすい脚の付け根を、内側→後ろ側→前側と、全面的にほぐします

手では触れられにくいような場所も、足裏でしっかり。


硬く冷えたおしりも、

ゆらゆらゆらしてリラックス。


背中は、自律神経を整えるために。やがてポカポカしてきます。

冷え対策に必須ですよ^^